男の人

収益物件を探す|家賃相場を把握しておこう

今後注目度が高まります

一軒家

受け皿として最適です

上場不動産投資信託はインカムゲインを目的とした投資商品と考えられていますが、今後はキャピタルゲインが狙える期待も高くなってきます。なぜならば、上場不動産投資信託に対して2つの追い風が吹いているからです。その1つはマイナス金利の導入です。マイナス金利が導入されて、銀行や信用金庫の預金金利は軒並み下がりました。今後は預金をしておくと手数料が取られるということも考えられます。こうした金融機関の動きに対して、預金を引き出したり、この機会に投資を始めたりする人が増えてきました。この金融機関から引き出されたお金の向かう先として上場不動産投資信託が注目をされているのです。2つ目の追い風は賃料の上昇がみられてきたことです。

家賃が上昇しています

最近、オフィスビル等の収益物件の家賃が下げ止まり、上昇に転じてきました。家賃が上昇すれば、上場不動産投資信託の分配金も増えます。分配金が増えれば分配金利回りも上がるため、購入を検討する人も増えるわけです。上場不動産投資信託の保有する資産は収益物件がほとんどです。そのため、株式投資よりもリスクが低く、初心者でも手掛けやすい投資商品といえます。また、直接、収益物件を購入するより投資資金を抑えることができることも初心者には安心材料です。今後、マイナス金利幅の拡大や収益物件の家賃が一段と上昇した場合には、上場不動産投資信託の投資口価格も更に上昇することが予想できます。分配金をもらいながらキャピタルゲインのタイミングを待ちましょう。