男の人

収益物件を探す|家賃相場を把握しておこう

安定運用に向いています

グラフ

分散投資効果を得られます

不動産投資をするなら、直接、中古ワンルームマンション等の収益物件を購入して運用するよりも上場不動産投資信託を購入した方が安定した運用を行うことができます。なぜならば、上場不動産投資信託はすでにいくつもの収益物件を保有しており、分散投資効果が高いからです。その規模は小さいものでも数百億円、大きいものでは数千億円にもなります。複数の収益物件に投資をしているので一部の入居者が退去しても、全体に与える影響はわずかなものとなっているのです。銘柄によっては、マンションやオフィスビル、物流施設、ホテル等の収益物件のいずれかに集中投資をしているものもあれば、いろいろな収益物件を保有して運用しているものもあります。

優位な立場にあります

多くの場合、スポンサー企業が付いており、収益物件の情報等はそのスポンサー企業とのパイプラインを利用して集めています。市場に出る前の情報を手に入れることができる状況にあるため、有利に収益物件の調達ができています。テナントの誘致もスポンサー企業を利用して行うケースもあり、入居者の募集でも有利な立場にあります。多くの収益物件を保有していることと、その収益物件が優良な物件であることが安定した分配金の支払いにつながっているのです。しかも、証券化して小口販売しているため、数万円から数十万円程度で購入することができる銘柄がほとんどです。少しずつ購入して投資口数を積み上げていくということもできます。時間を分けて投資をしていけば、取得価格を平準化することもできます。