住宅と人

収益物件を探す|家賃相場を把握しておこう

今後注目度が高まります

一軒家

マイナス金利の導入とオフィスビルなどの収益物件の家賃が上昇してきたことが、上場不動産投資信託の投資口価格上昇の追い風となっています。これからは分配金をもらいながらタイミングをみてキャピタルゲインを得るという投資戦略が取りやすくなってきました。

More...

マンション経営で重要な事

間取り図と模型

少ない初期投資が大切

マンション経営やアパート経営をする時に重要なのが収益物件を確保することです。収益物件というのはマンションやアパートを賃貸しして収入がしっかりと得られる物件のことです。マンションやアパートなどを購入して経営する場合には購入資金が必要です。多くの場合、資金は銀行の融資を利用します。家賃収入でそのローンを払うのですが、その時に黒字になるのが収益物件です。家賃収入があっても赤字になるようでは収益物件とはいえないのです。このような収益物件の特徴は入居者が常に確保できることです。入居者がいないと家賃が入ってこないので赤字になります。入居者を常に確保するためには良い立地に建っていることが必要です。良い立地というのは交通アクセスがよいことです。

中古マンションのメリット

収益物件を確保するためには初期投資額をなるべく小さくする必要があります。アパートやマンションを建てると莫大な費用がかかるので、その費用の返済が負担になります。そうすると収益率が低くなります。それを避けるためには手頃な中古アパートやマンションを探すという方法があります。中古物件なら購入資金も少なくて済むので、返済の負担も減少します。そうなれば収益率が上がることになります。このように賃貸経営を黒字にするためには、初期投資額が重要になります。また賃貸経営をする場合、家賃や管理費などの決め方も大切です。周辺のアパートやマンションの家賃相場をリサーチして、それより低めに設定すると入居者を確保しやすくなります。

安定運用に向いています

グラフ

上場不動産投資信託は複数の収益物件で運用をしているため、高い分散投資効果を期待することができます。また、スポンサー企業とのパイプラインを利用して情報を集めているので、他の投資家に比べて優位な立場にあります。

More...

持ちたい投資商品です

マンション

上場不動産投資信託を保有すれば安定収入をベースとして作ることができます。投資口価格は上下しますが、分配金は過去の実績を見ても比較的安定しています。投資家自ら収益物件を保有するよりも手間がかからないという点も魅力です。

More...